香典返しの品を選ぼう

葬儀のときに香典をいただいたら、49日の後頃に香典返しを送るのが一般的です。品物は寝具が多いような気がしませんか?香典返しは、いただいた香典の半額から3分の1の金額を目安に商品を選ぶものですが、カタログを見てみると、ある程度の価格以上になったら寝具が多いのです。寝具ならかなり高額なものまでカタログに掲載されています。たとえば香典で5万円いただいた場合、反駁なら2万5千円になります。2万5千円程度の商品をカタログで探すと、高級毛布やペアの寝具といったものが多いのです。寝具なら、多めに持っていてもお客さん用にすることができます。お客さん用にはきれいな寝具を用意しておきたいので、役に立つでしょう。送る相手の家族構成やライフスタイルなどを考えながら、役に立ちそうな香典返しを選ぶようにするとよいでしょう。

香典返しとはどのようなものか

葬儀の際には訪問客は遺族に香典を渡します。これは葬儀の費用のたしにしてもらうためと故人の供養のために渡すお金です。遺族は香典をもらったらお返しをします。もともとはお返しをする必要はなかったものですが、現在では香典返しをするのが一般的になっています。遺族は葬儀の際にあらかじめお返しを用意しておき香典を持ってきた訪問客に渡します。香典返しは香典の3割から5割程度の金額が相場ともいわれていますが金額の差に関わらず一律の品物を用意することもあります。ただし高額な香典をもらった人には後日改めて香典返しを贈ることもあります。品物に使われるのは砂糖、海苔、茶などの食品や石鹸、洗剤などの消耗品が多いです。ただし地域によって風習が異なり、形式や品物などは全国が同じではないのです。お返しをしない地域もあるようです。

素敵な香典返しについて

先日、私の主人が会社の方のお葬式に参加しました。そのお葬式は、会社の方のお父さんが亡くなったためにひらかれたお葬式でした。そのお葬式に数千円をつつんだ香典を渡しました。そして、その香典のお返しに、とても素晴らしいものをいただきました。こんなにも素敵な香典返しをいただけるとは思っていなかったので、とても驚きました。香典返しの内容は、高級なのりやかつおぶし、お茶漬けなどでした。我が家では、のりは必需品ですし、かつおぶしもよく使用します。お茶づけも主人が大好きなので、しょっちゅう購入するようにしています。すべてが我が家では必要なものでしたので、我が家の欲しいと思っているものをリサーチしてきたのかな、と思ってしまうほどでした。こういったお返しをもらいたいがための香典ではないのですが、とても素敵なものをいただけると嬉しいです。

Blog Home